English

【1月12日(土)開催「もちつき体験」開催報告】

2019年01月18日 お知らせ

 平成31年1月12日(土)当施設において「もちつき体験」を開催し、町内の園児や小学生の親子8組・総勢23人がもちつき体験を行いました。

 当日はもちつきのプロ「弁慶力餅競技保存会」の方々にもご協力をいただき、もちつき体験の幕開け。はじめに保存会の方が餅をつき、もちをつく姿に子どもたちは興味津々。待ちに待った自分たちの番がやってきました。「一番最初についてみたい人?」の問いかけに名乗りを上げたのは、なんと最年少の女の子。女の子は鈴木会長(弁慶力餅競技保存会)と元気よく餅をつき、ご満悦な様子。女の子に続き子どもたち全員がもちつきを体験し、もちつきの楽しさに喜ぶ子どももいれば、自分の番が終わると「よいしょ!」「がんばれ!」と声援を送る子もおり、会場には黄色い声援が響きわたりました。

※写真をクリックすると拡大でご覧いただけます。

  

 

 もちつき後はみんなで味付け作業。味付けの種類は納豆・あんこ・お雑煮の3種類。お父さんお母さんと一緒に納豆餅やあんこ餅の準備を進めます。子どもたちは「早く食べたいな~」「僕おかわりする!」と食事が待ちきれない様子。
 保存会の方からアドバイスを頂きながら餅を食べやすい大きさに切り、ボウルに入れ無事あじつけ完成。


 

子どもたちは進んで盛り付けや配膳作業も手伝ってくれ、あっという間に配膳完了。

 

 

 待ちに待った食事の時間になると、口いっぱいに餅を頬張り「おいしい♪」とニッコリ。お餅やお雑煮を残さず平らげていました。自分たちが一生懸命ついたお餅はとても美味しく思い出に残るもちつき体験になったでしょう。最後は笑顔で記念撮影♪

  

 

◆参加者のお声◆
(子ども)・杵が重かったことと2回餅つきをしたことです。楽しかったです。
(子ども)・普段やらないことが多かったので楽しかったです。またやりたいと思います。
(子ども)・もちがすごく美味しかった(とくにお雑煮)、お腹いっぱい食べた。

(保護者)・今は家でも餅を作ることが減っているので貴重な体験ができました。
(保護者)・もちつきだけでなく、もち切りまで体験できて良かったです。
(保護者)・子供にも餅つきを実際に体験させていただき、よい冬休みの思い出になりました。  できあがった餅を自分達で切って配膳するところまでさせていただき、ありがとうございました。


 イベント後のアンケートで「絵本に載っていたもちつきを見て、子どもが『もちつきをしてみたい!』と話していたので申し込みました」とお声を頂き、申し込むきっかけにはさまざまな思いがあることに気付くことができました。
 当日ご参加された方、ご協力いただいた「弁慶力餅競技保存会」の方々、誠にありがとうございました。たくさんの方々のご協力のもと、無事もちつき体験を終えることができました。今後もみなさまの思い出に寄り添えるイベントを企画していきたいと思います。次回イベントも企画中ですので、心よりご参加お待ちしております。

◆会場の様子◆
 


カテゴリ 最近の投稿